fc2ブログ

Wish to hear Evangel

FM(線維筋痛症)・CFS(慢性疲労症候群)から治癒に向かった一女子学生の手記

春の鳥

ひょんなきっかけで、国木田独歩の『春の鳥』を読んだ。
若き日の国木田独歩と知的障害の少年の話である。

なんとも、今の私にとって読むべき話だった。
国木田独歩をしても、知的障害の少年にものを教えるということがいかに困難かということが、ひしひしと感ぜられた。
八幡宮の階段をひい、ふう、みい、・・・と数えてのぼり七段目で「七つだよ」とよくよく言い聞かせたうえで、今いる階段は何段目だとその少年に問うと、「十」と大きな声で答える始末・・・・というくだりでは、自分のここ一年半のいくばくかが思われてならなかった。
知的障害の子供らの親もまた知的障害であるということも、なんとも私の場合と似ていた。

その少年少女に罪はなくとも、国木田独歩のいうところの「知恵を加える」ことのいかに難しいことか。
だからといって阿呆と言う気にもなれず、見下すのではなく、純粋に気の毒に思い、骨をおって教えている国木田独歩にいたく共感した。

思うことあたわざる者・・・今ではこんなことを言おうものなら叱られてしまうかもしれないが、教えていてそう感じることがあることは否めないことである。

気の毒であることには残念ながら今の世の中では相違なく、今なお存在する六蔵のような少年少女らに幸多かれと祈り、願うばかりだ。

Give Kids The World に問い合わせをし、 application formを送信するのに、電話番号の入力が長すぎてエラーになり、苦労したが何とか電話でも問い合わせをし、送ることができた。
あとは読んでいただくのを待つだけだ。

今日は、一日のほとんどを Give Kids The World の動画を観るのに費やした。
創立者はホロコーストの生還者であり、まだ生きていた。
彼が、病気の子供らの顔に、自分自身を見、自分がやりたかったができなかったことを子供たちにやらせたい、自分が取り上げられたものを子供たちに与えたいといっている様に感動した。

フロリダの英語の発音はボストンの英語とも違い、なかなかむつかしかったが、聞き続けているうちに耳が慣れてきて、何を言っているのかよく解するようになった。何事も慣れである。




スポンサーサイト



辛い

もうやめることにした。有給消化して。
給料がきちんと振り込まれないって、最大の「あなたなんかどうでもいい」というメッセージだと思うんです…。
しかもこちらから言うまで気付かないとか…。
私という人間の信用を下手したら一生傷つけたかもしれない行為を「ごめん」だけで済ませようとしている。
これ以上粗末に扱われたら多分私は死んでしまう。

別に私の授業なんか受けなくても誰も死なない。

至高の少女



紆余曲折を経て、やっと真紅がやって来ました。
パラボリカビスにて催された、ローゼンメイデン展にて、抽選販売された子です。
14番という無理そうな番号だったのですが、うちに来てくれました。



雛苺と並べてみたり



お茶会ごっこをしてみたり



真紅に真紅

調子悪い

無連絡で丸1日休んだバカがいるのに、
何故私は肺炎一歩手前で朝一で出ていくんだろう。
休みたい。胸が痛い。

風邪……

お盆休みに入ったとたん悪化した。
いや、木曜日からやばかったけど薬のんで仕事いったんだ。

休みに入ったら気が緩んだのか、喉が悪化した。
喋らなくていい。

色々終わって、まるで収容所から出られた人間のように病んでいる。
FMは関係ない。あまりに理由がはっきりしている。うつ状態だ。
宝石好きで好きな宝石買ったのに気持ちは沈んだまま。むしろ宝石に申し訳ない。

誕生日で一区切り。元気になりたいな。
熱がさがって喉が治ったら、元気になれるといい。

最近、ルイーズが来てからお人形は好きだけど増やすのはもうよくなった。
まねきねこの展示販売で日本橋行ったけど、赤い子は売れていたし他の子はルイーズよりかわいいと思えなかったから迷いもしなかった。

宝石は……
母のは持ち逃げされた。祖母のも。
私にはひとつも残らない……
そのぶんだけ買ったら、もう終わりにしようと思う。四十路までいらない。

左サイドメニュー

プロフィール

Teresa87

Author:Teresa87
線維筋痛症・慢性疲労症候群を得て、体の力・緊張の緩和方法を模索している女子学生です。
慶應義塾大学法学部政治学科通信教育課程卒業。その後進学しました。
長い激痛の時期を経て現在は比較的軽症となり、マイルドな痛みと格闘しつつ^^;、好きな仕事と勉強を無我夢中でやっております。
趣味は読書、絵を描くこと、人形収集(主にケテ・クルーゼ Kathe Kruse)、スイミング、クラシックバレエ、ピアノ

いかにかの門が狭くとも,
いかなる艱難辛苦に遭おうとも、
私が己の運命の主人である
私が我が魂の船頭である
(CFS・FM関連洋書にあった句の抄訳)



クリックで救える命がある。
↑言わずと知れたクリック募金です。私も、なるべくPCの前に座れた時はクリックしています。

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター